はじめてでも分かる電動鼻水吸引器の基礎知識

風邪を引いたときなど、鼻が詰まると苦しいものです。ましてや、小さな赤ちゃんは自分で鼻がかめないので大変です。ご機嫌が悪くなって寝つきが悪くなったり、中耳炎の危険性さえあります。まだ小さい頃はお母さんもそれほど汚いと思わず、おしっこやうんちの処理をする感覚で鼻水を口で吸いだしてあげることができる方もいるでしょう。とはいえ、たとえ我が子でもそういったことは無理というお母さんだっているでしょうし、小さな赤ちゃんの小さな鼻の穴ですから上手く吸い込めないという場合もあります。そんなときには鼻水吸引器という器具があるので利用しましょう。鼻が弱くすぐに詰まってしまうという子であれば、高いけれど楽に吸い込むことのできる電動鼻水吸引器を購入するのもおすすめです。

電動鼻水吸引器を使うメリットについて

口で吸うタイプだと1000円以内くらいのお値段で手に入りますが、電動鼻水吸引機だと5000円くらい。結構なお値段はします。ただ、スイッチを押すだけなので赤ちゃんを抱っこした状態でも片手で楽チンに操作できて便利です。それに直接吸うよりもお母さんへの感染のリスクが減ります。電動鼻水吸引器と言ってもそれほど大掛かりな装置ではなく、ハンディタイプ・小型タイプのものもさまざま売られています。小さくて持ち運びできるものだと外出先でも使用できますし、このタイプのものは乾電池などで使用できるので停電の際にも便利です。防災グッズでおむつやミルクは用意しても鼻水吸引器までは考えないもの。日頃からバッグの中に入っていれば、いざというときだって赤ちゃんが快適に過ごせるのです。

赤ちゃんの元気のためにも必要です

放っておけば鼻づまりは治るかもしれません。ただ、その他の病気の原因にもなりかねないのでできれば吸ってあげる方がいいのです。耳と鼻がつながっていることから中耳炎になるかもしれません。副鼻腔炎の危険性もあります。鼻水をきれいに吸いだしてやることは病気の早期回復にもつながります。綿棒を使っての処理は怪我の危険性もあります。赤ちゃんはじっとはしていてくれませんし、まだ弱く傷つきやすい粘膜となっています。鼻水をお母さんが吸いだすことでお母さんにさまざまな病原菌が移って感染してしまっては大変です。耳鼻科系が弱いお子さんの場合には電動の据え置き型もあります。これを使えば耳鼻科で使用しているのと変わらないくらいの吸引力で吸い込んでくれます。部品洗浄は面倒ですが、赤ちゃんの元気のために検討してみてもよいでしょう。

多くの小児科医や耳鼻科も医院で推奨している商品です。 当社は楽天でもご購入頂けるよう対応しております。 多くの医師が推奨するしっかり鼻水吸引ができる「メルシーポット」をぜひお買い求めくださいませ。 楽天のクチコミだけでも、8,000件以上あり、多くのママタレントさんからもご愛用されております。 当社は家庭向け電動鼻水吸引器業界では老舗の会社です。商品には自信があります。 一家に一台パワフルな電動鼻水吸引器